fc2ブログ

Encore (卯月のアンコール)

 木々は芽吹き、桜も葉桜に変わりつつ、はやく田んぼに水入れろと蛙が鳴き、
一雨ごとに暖かくなっていく。 もう卯月、、、。
 そろそろ、我が家の薪ストーブ「アンコール」も次のシーズンまで、しばし眠りにつく時が近づいている。
まさに火が消えたようにさみしい。
 あぁ、、、君のおかげでこの冬も凍えなかった。冬の海で波乗りした後、寒空の下冷えきって帰宅した時、どんなに寒くても暖めてくれた。その美しい炎で暖を取り、時にシルクのようにオーロラのように揺らぐ焔の前で、妻と語り、友と酒を交わし、ブルースを奏で、幾たびもかけがえのない時を過ごした。そして君の料理、ストーブクッキング。それはほのかに薪の香りがして、とても美味しく、体の内から温めてくれた。
 心も体も、家の中なにもかも暖かかった。これから数ヶ月また寒くなるまで、あんなに激しく燃えていたのが夢だったかのように、ひっそりと静かに、しかし威風堂々とその存在を示しながら眠りにつく。

encore#1

 自給自足的安心感、薪ストーブの魅力のひとつ。
暖をとる、お湯を沸かす、料理をする、その為のエネルギーである薪を自分で作る。
山で切り倒した樹を、ストーブに合わせた長さに玉切りし、山から下ろして斧で割る。
そして薪小屋の中で、最低一年程は乾燥させる。
つまり、翌シーズンの薪は、今年には作って置いてあるって事。
これで、電気とガスを止められようと大丈夫、次の冬も凍えない。

encore#2

 間伐された樹を、いつも僕らの為にくれる友よ、
運ぶのは大変だろうと、いつも手を貸してくれる友たちよ。本当にありがとう。
今週末は、去り行く冬を惜しみながら、感謝を込めて彼らに、ストーブクッキングを振る舞おう。。


ステンドグラス工房 スタジオブリス
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

woodchopper

Author:woodchopper
ステンドグラス工房 スタジオブリス

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR